postheadericon 夜間の電力を有効活用する

掃除機をかける主婦

オール電化では、夜間に使われている電力を上手に活用し、お風呂のお湯を温めたり、熱源の取得を行います。

そのため、昼間に消費されるはずだった電力の消費を抑えることに成功しました。そのことにより、電力会社の総発電量を削減することも、可能となりました。

電気工事を行い、二酸化炭素を活用して、要領よくお湯をわかすことができる機械も存在します。
その機械を活用することで、日本における年間で30本の杉の木が吸収する二酸化炭素の量を削減することが可能となり、環境にとても優しくなっております。

家の新築やリフォームを行う際は、専門業者にオール電化の設置を行うことで、工事が終わるスピードが早くなります。

リフォームとは、家の特定の部分のみ、パーツ単位で改修や設置が行える仕組みとなっております。
そのことにより、新しく作り変えるよりも、費用を安く抑えることができます。

オール電化を取り付ける部分のみ、リフォームを行う家庭も多いです。

postheadericon 環境にも優しい仕組み

部屋を走る子供

電気工事やリフォームを行い、オール電化を取り付けは、電気工事士が行います。

電気工事士は、国に定められている国家資格となります。

電気工事師には、第一種と第二種の資格があります。

また、電気主任技術者試験には、第一種と第二種と第三種の三種類の資格があります。

これらの資格を取得することにより、リフォームや家を新築した際や、オール電化に変える際の電気工事を行うことができます。

オール電化には、空気の熱でお湯を沸かすことができる仕組みが存在します。
オール電化の特徴として、環境に優しく配慮されている点があります。

オール電化に変更すると、電力の多くの部分を深夜電力で行われることになります。
深夜電力に変わることにより、環境に対して優しくなる理由を、具体的に説明していきます。

電力会社は、発電を途中で止めることができない仕組みになっております。そのため、利用者の少ない夜間であったとしても、発電を止めることはできません。
そして、その発電した電力は、保存できず、電力が無駄に消費がなされている状況となります。
夜間は昼間と比べると、発電量に対して、消費される電力量が少ない状況です。そのため、電力の生産過剰状態になってしまっています。

postheadericon 経済的な側面から見るメリット

キノコを切る

経済的な側面から見ても、オール電化は、様々なメリットがあります。

オール電化は、これまでは別々にかかっていた電気代とガス代のエネルギーを、一本化することができます。
そのため、毎月の電気代の基本料金が割引される効果が期待できます。

オール電化を活用するにあたり、電力のプランを夜間電力に変更します。そして、夜間の割安な電力を使い、暖房やお湯などの熱源をとります。
そうすることで、経済的な負担を減らすことができます。

とある電力会社が導き出した計算によると、一般的な家庭がオール電化に変えることで、毎月1万円近くの光熱費を削減することができます。

「ガス代」、「電気代」、「灯油代」をはじめとする、家庭にある様々なライフラインを、オール電化を使うことにより、一本化することができます。
そのため、毎月の灯油の基本料金は必要なくなります。

深夜に使う深夜電力は、電気代の削減にもつながります。
昼間の電力と比較すると、深夜の電力代は格安となるケースがあります。
また、オール電化住宅では、夜間に電力を消費することができる仕組みを作れます。
そうすることで、光熱費の削減につながります。

オール電化を活用することで、保険料が割引されることがあります。
火災保険における割引サービスが、代表的な事例となります。
一部の金融機関が、住宅ローンの金利優遇サービスの提供を行っております。それらのサービスを活用することにより、様々な経済的な恩恵を受けることができます。
これらがオール電化にすることによる、経済的なメリットとなっております。

オール電化を行うにあたり、リフォームで電気工事を取り付ける必要があります。
それらの費用は、オール電化に変更して10年ほど経過することにより、十分にもとを取ることができます。

これが、オール電化に変えて、電気工事やリフォームを行う、経済的なメリットになっております。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031